口腔機能の衰えについて|【喜田歯科医院】浜松の歯科・歯医者

  • 浜松・喜田歯科医院・地図
  • 浜松・喜田歯科医院・メニュー

オーラルフレイルとは?

「歯や口など口腔機能の衰え」のことで、老化の始まりともいわれています。高齢になり、身体機能が衰えて介護が必要になる前の「フレイル期」に起こります。オーラルフレイルに早めに気づいて予防や改善に努めれば、介護がなくても元気に過ごすことにつながります。
歯や口の働きのことを「口腔機能」といいます。具体的には、

  • 食べる(噛む、すりつぶす、飲み込む、味わう)
  • 話す(発音する、会話する、歌う)
  • 感情表現(笑う、怒る)
  • 呼吸する

などがあります。
加齢に伴って口腔機能が衰えると、栄養状態が悪化して筋力が低下し、介護が必要になることがあります。毎日を健康的に過ごすためにも、オーラルフレイルを予防するように心がけましょう。

浜松・喜田歯科医院

オーラルフレイルの症状

  • 食べこぼしが増える
  • むせることが多い
  • 硬い食べ物が噛めない
  • 口が乾燥しがち
  • 滑舌が悪くなる
  • 噛めない
  • やわらかい
    ものを
    食べる
  • 噛む機能の
    低下
  • 口腔機能の低下
  • 心身機能の低下

オーラルフレイルの予防

浜松・喜田歯科医院
オーラルフレイルを予防するためには、定期的な検診を受け、お口の健康を保つことが大切です。当院では、オーラルフレイルの予防・改善につながるトレーニングなどもお伝えしますので、お気軽にご相談ください。
オーラルフレイルを正しく理解し、「栄養」「運動」「社会性」も継続して健康寿命を延ばしましょう。